マリメッコ生地でファブリックパネルを作ってみました

3月になって少しずつ春の訪れを感じる季節になってきましたね♪
春になるとなんとなく部屋の模様替えをしたくなるのですが、
これ以上物を増やすと部屋がごちゃごちゃしてしまうため、
ものは増やさずにイメージチェンジできないかな~と思い、
ファブリックパネルを飾ることにしました。

でもファブリックパネルって買うと結構なお値段しちゃうんですよね~。(>_<)
そこで手作りしてみよう!と思い立ち、まずは生地を探しました。

ポイントを利用できるので、私はネットで買い物をする際には
楽天を利用することが多いのですが、
楽天ショップさんで買うよりも北欧生地が安いショップをみつけちゃいました。

こちらのプオルッカさんです。
↓↓↓

北欧生地/ファブリックパネル/カーテン/インテリア雑貨の通販ショップ【Puolukka(プオルッカ)】
北欧雑貨に最近心惹かれている私。
やっぱりファブリックパネルにするなら
「マリメッコ」でしょ!ってことでここのショップさんをみつけました。

こちらでは生地が10センチ単位で購入できるので欲しい分だけ買えるんですよ。
凄く便利です^^
しかも10センチ540円は私が探した中では最安値で、
実は楽天でこちらの生地を買っていたのですが、↓↓↓

fifth2 078-1

 

マリメッコ「シィールトラプータルハ」

なんとこちらのプオルッカさんで買ったほうが2000円近くも安かったんですよ!
かなりショックだったわ・・・(>_<)
しかも、上の生地はタペストリーにしてるのですが、
このキットもプオルッカさんで扱っていたので、
ここで買えば良かったなあ~と後悔・・・。

タペストリーが凄く気に入ったので、プオルッカさんで
追加で生地を買っちゃいました^^

私がイメージしているのはこちらのファブリックパネル。

こんな感じで作ろうと思い、40センチ分の生地を購入しました。
さらに30センチ×30センチのコルクボードを100円ショップで3枚。
こちらのタッカーという大きなホチキスも100円ショップで300円で購入しました。

fifth2 083-1

ハリは別売りで100円でした。

3枚に切った生地を、それぞれのコルクボードに生地をピーンと貼るようにして
タッカーで留めていきます。

fifth2 081-1

 

私はコルクボードに直接貼ってしまったのですが、
木枠とコルクボードの高さがあわないので、
出来上がると少し木枠が透けて見えてしまいました。

気になる方は、同じく100円ショップで発泡スチロールが売っていたので、
こちらを同じ大きさに切ってコルクボードと生地の間にいれると仕上がりもキレイになるはず。
次回はこの方法で私もやろうと思います。

気にならない方は、コルクボードに直で貼っていく方法でいいと思います。 (簡単だし(*^_^*))

タッカーは初めて使ったのですが、
結構大きな音がするので使用する際は時間に気をつけたほうがいいかも。
でもこの作業が楽しくて、病み付きになりますよ(笑)

fifth2 088-1

 

コツは生地をピンと貼るようにしていくことです。
それ以外は難しいことは何もないです。
不器用な私でもできちゃう簡単工作なので、お試しあれ^^

fifth2 087-1

 

3枚貼るとこんな感じです。
それらしくなったでしょ♪
桜や桃というイメージで春にピッタリの生地ですよね~^^
凄くかわいくてお気に入りです。

これはどこに飾ったかというと・・・

fifth2 093-1

 

こんな感じで玄関に飾りました。
我が家の玄関には小物を飾る棚とかがないので、
凄く殺風景だったんです。
でもこのファブリックパネルのおかげでグーンと明るくなって、
春が来た~!って感じに明るくなりました。自分で作って大満足(*^_^*)

でもね、子供たちは飾ってすぐに気が付いたのですが、
なんと主人は4日くらい気が付かなかったというなんとも鈍感な人で(笑)
男って・・・まったくう~~~^_^;

イメージに近い仕上がりになったでしょ^^
トータルで
☆生地が約2000円
☆コルクボード100×3枚
☆タッカー&ハリ300+100円
☆石膏ボード用のフック100円

3000円弱でファブリックパネルが完成しました。
8600円も浮いちゃいましたよ^^
しかもつくるのめっちゃ楽しかった~♪

お蔭でリビングにもタペストり―が飾れちゃったわけです。

リビングも全然イメージが変わって凄く華やかになりました。
季節ごとに色々な生地を買って飾ってみたいと思います。

 

北欧雑貨や生地をお捜しでしたら、
プオルッカさんがお勧めです。
送料もメール便対応なのでお得に購入できますよ。
興味のある方は覗いてみてくださいね^^

♦公式サイトはこちら→北欧スタイル【puolukka(プオルッカ)】
 

2015/03/03 コメントは受け付けていません。 手作り